綺麗な肌を脱毛エステで守る|カミソリ負けで荒れた肌にさようなら

女性

レーザーによる

医療レーザーの原理などについて

女性

医療レーザー脱毛は、レーザーの特性を活かして行う脱毛方法です。レーザーは波長によって特定の色に吸収されるという性質を持っています。毛の色である黒いメラニン色素に吸収されるレーザーを照射することで、黒い毛に熱が吸収され、毛や毛根や周辺組織を破壊することができます。 医療レーザー脱毛は、医療行為に当たるので、医師のみが行うことができます。そのため、脱毛によってできた皮膚のさまざまな疾患に対処してくれます。 医療レーザー脱毛は、毛が生えかわる時期に合わせて行うことが重要です。身体の毛の場合は、2〜3ヶ月に1度のペースで施術を行うことが良いとされています。男性のひげの場合は、1ヶ月に1度のペースが良いです。

さまざまなレーザー脱毛器の特徴について

医療レーザー脱毛には、ダイオードレーザーや、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーなどのさまざまなレーザー機器が開発されています。 ダイオードレーザーは、広範囲を照射することが出来ることが特徴的です。そのため、短時間で施術を行うことができ、安全性が高いです。痛みが比較的少ないこともあり、多くの医療機関で導入されています。 アレキサンドライトレーザーは、冷却風や冷却ガスなどで冷却しながらレーザーを照射して施術を行います。そのため、痛みや肌の炎症を抑えながら脱毛をすることができます。 YAGレーザーは、色素の濃い毛に効果があります。日焼けした肌などにも効果的であり、他の医療レーザー脱毛では脱毛しにくい毛に強いです。